catch-img

人気店になるためのヒント!カラオケのあるバーが今熱い!

大人がお酒を楽しむ場所「バー」。1度は足を運んだことがある人も多いのではないでしょうか。今巷のバーは広がりを見せ、さらにカラオケ導入店舗が盛り上がっているとか。

今回は「バー」と「カラオケ」の密接な関係についてご紹介します。

バーにカラオケ!?進化した「バー」

気軽にワイワイ「カジュアルバー」、しっとりと語る「オーセンティックバー」

大人がお酒を楽しむ場所「バー」。

ムーディーな空間の中で、バーテンダーから提供されたおしゃれなカクテルを片手に静かに会話を楽しむ…こういった大人の雰囲気が漂うイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。

バーは今、こうしたいわゆる「オーセンティックバー」のほかに「カジュアルバー」が流行しています。

「カジュアルバー」とはその名の通り「オーティックバー」より敷居が低く、ワイワイと気軽に会話を楽しめるため、幅広い層から人気を集めています。


「カジュアルバー」には店内が一気に盛り上がる「カラオケ」がオススメ

「カジュアルバー」は、ワイワイと気軽に楽しめるのが特長。カウンターでお酒を楽しみながら、居酒屋とはまた違う楽しみ方ができます。

実は、バーを開業する人からカラオケレンタルに関するお問い合わせが殺到中です。

「狭い店舗でカラオケなんて・・・」

「バーにカラオケを入れても周りを気にして歌えないのでは・・・」

そう思う方もいるかもしれませんが、問い合わせが多いということは、カラオケのニーズが高いということ。

それはなぜなのでしょうか。


バーオーナーが気になる!業務用カラオケの導入メリットは?

メリット①カラオケのあるバーは店内に活気があるように見える!

カラオケを入れるメリットは多数ありますが、わかりやすいポイントから説明するとカラオケの「音」の効果です。初めてのお店に入るとき、店内の様子をうかがうことはありませんか?「このお店は大丈夫かな?」「楽しそうかな?」等を確認して入るものですよね。

カジュアルバーに入りたい人は「ワイワイ」「気軽」を求めています。カラオケはこの空気を作るのには最適なのです。

大音量が流れると、声を少し張って隣の人と話したり、距離が近づいたり。カジュアルバーによくある「ワイワイ」を生み出しやすくなります。これは作ろうと思っても簡単に作ることができるわけはありません。


メリット②カラオケのあるバーはお客様同士で盛り上がる!

バーだと、一人や少人数で来店する人が多いのですが、お店側は、一人ひとりに気を配りながらまんべんなく話すのがなかなか難しいですよね。

カジュアルバーに来るお客様は人との出会いや会話を楽しみたい人が多数です。カラオケがあれば、歌を通して店内に一体感が生まれたり、好きな曲が合う人たちがいればその話題で盛り上がったり、周りが知らなくても本人映像対応のカラオケで歌えば、自ずとお客様同士のコミュニケーションが生まれます。

もしもスタッフの数が何らかの事情で足りない日でも不安になることはありません。そんな時はカラオケがお店のスタッフとしてフル稼働してくれます。


メリット③カラオケのあるバーは狭くても最大限のエンタメを提供できる!

来店客が複数グループで構成されていることや、カウンターの端と端にお客様が点在する場合、「この狭い空間でカラオケを使うと、一方のお客様がうるさくて嫌がるのでは?」なんて懸念されることもあるでしょう。

そんな心配は、スピーカーをはじめとした音響設備や周辺機器の配置方法によって対策ができます。音を振り分け、空間内の双方に配慮することが可能なのです。今の技術は非常に進化しており、さまざまな施設やライブ会場などで駆使されています。

機械の設置は専門スタッフの腕の見せ所。お悩みや利用方法、不安ごとに対して、最適な機器選定、設置を提案してくれます。


メリット④カラオケのあるバーはレンタルだとTVとマイクの優良備品が利用できる

カラオケをレンタルで導入した場合、カラオケ本体のほか、カラオケにまつわる必要な周辺機器もまとめてレンタル利用できます。それはつまり、故障や不具合が生じた場合に、本体以外のレンタル品もすべてメンテナンスしてもらえるということ。優良な備品をメンテナンスしたり、故障した場合は入替ながら、店舗で利用できるのはありがたいですよね。



バーオーナーが気になる!業務用カラオケの導入方法、コストパフォーマンス

お悩み例「カラオケ機械や機材はコストが見合わないのでは・・・」

巷のカラオケボックスチェーンが入れているカラオケ機械や機材。さぞ高額商品だと考える方は多いのではないでしょうか。

業務用カラオケ機器は自宅向けの各種カラオケサービスとは一線を画すハイクオリティな商品です。カラオケが1セットあれば営業の幅が飛躍的に広がるものであり、さまざまな技術と情報が詰まっているため、誰しもが購入を即決できるものではありません。

実は、業務用カラオケ機器を店舗に入れるには「購入」と「レンタル・リース」のどちらかが選べます。


■レンタル

・機器のメンテナンス料を含む月々の定額制です。(レンタル料+情報利用料)
・初期費用を抑えることが出来ます。
・正常な使用状況での機器故障は、メンテナンスを無償で受けることができます。


■購入

・月々のお支払いは情報利用料のみのため、維持費を抑えることができます。
・長期間ご利用いただくと、レンタルと比較して、カラオケ費用総額がお安くなります。
・故障時は修理代が必要です。


どちらが最適かは、専門のスタッフに相談して選びましょう。


お悩み例「カラオケが歌われないとコストばかりかかるのはお店の負担になる・・・」

「いざ、導入したとしても、来店客が歌ってくれなければ単なるオブジェになってしまう・・・」

そんな不安もありますよね。ですが、カラオケをお客様に歌ってもらうコツもあるのです。


たとえば、カラオケの利用形態。

例1:1曲○○○円(1曲単位)

例2:○分歌い放題

例3:事前支払制(伍曲券の導入/ミシン目が入った綴りで、カラオケチケットとして利用する)

どの方法を採用してカラオケを提供するかはお店の売上アップを左右する重要なカギです。自分の好みや感覚で選んでしまうのはとても危険。近隣の店舗の傾向や、ターゲットの客層をしっかりと見定めた上で設定しましょう。

では、これらの情報はどのように入手するのか。自分の足で地道にリサーチするのもありですが、確実なのは、その道のプロである、カラオケの窓口の専門スタッフにヒアリングすること。カラオケを取り扱い、そのエリアに熟知しているスタッフだからこそ、実態に即したアイディアを織り交ぜながら、オーナー様とお店づくりを考えてもらえます。この情報量だけでも、自分一人ではつかめないのでコスパは高いといえるでしょう。


カジュアルバーオーナーはまずは気軽に無料相談。

ここまで、バーがカラオケ導入するメリットや方法、コスパをお伝えしましたが、いろいろと具体的に聞いてみたくなった方も多いのではないでしょうか。カラオケの窓口なら、無料で相談が可能です。エリアや店舗の広さ、諸条件によってお客様に最適なプランをご提案します。まずはお気軽にお問い合わせください。



カラオケ導入をお考えの方は、お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ
平日10:00~20:00
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
お役立ち資料を
ダウンロードできます。